黒い咆哮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラクターデッキ第13弾!

第13弾は「レクス・ゴドウィン」!
「遊星・ジャック・クロウvsレクス・ゴドウィン」戦は5D’sで一番の思い出になったのでは?
見て行くがいい!我のデッキレシピを!

モンスター:21枚

《サイバー・ドラゴン》(2)
《THE トリッキー》(2)
《太陽の神官》(3)
《ギガストーン・オメガ》(2)
《アポカテクイル》(2)
《巨大ネズミ》(3)
《クリッター》
《赤蟻アスカトル》(3)
《スーパイ》(3)

魔法:10枚

《簡易融合》(3)
《ブラック・ホール》
《死者蘇生》
《月の書》(3)
《おろかな埋葬》
《ハリケーン》

罠:9枚

《激流葬》
《リビングデッドの呼び声》
《リミット・リバース》(3)
《デストラクト・ポーション》(2)
《スキルドレイン》(2)

エクストラ:15枚

《A・O・Jカタストル》
《氷結界の龍 ブリューナク》
《ゴヨウ・ガーディアン》
《月影龍クイラ》(2)
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《アーカナイト・マジシャン》
《太陽龍インティ》(2)
《スターダスト・ドラゴン》
《ギガンテック・ファイター》
《カオス・ウィザード》(2)
《ナイトメアを駆る死霊》(2)


回し方:まず、フィールド、及び墓地に《太陽龍インティ》と《月影龍クイラ》を並べ、サイクルを構築しよう。
そしてそいつらで圧倒する。

以下、キーカード達である。

《太陽の神官》:フィールドで破壊され墓地へ送られると、《月影龍クイラ》の必要チューナーである《スーパイ》、《太陽龍インティ》の必要チューナーである《赤蟻アスカトル》をサーチできる。また、このカード自身、レベルが5のため、《スーパイ》となら《月影龍クイラ》、《赤蟻アスカトル》となら《太陽龍インティ》のシンクロ素材になれる。

《サイバー・ドラゴン》:《太陽の神官》とやることは大して変わらない。アタッカーとしての活躍も見込める。

《THE トリッキー》:《リミット・リバース》は絶対決めたいのでこのデッキで手札を捨てるのは割りと大事。また、レベル5でシンクロ素材にもなる。

《ギガストーン・オメガ》:《赤蟻アスカトル》、《スーパイ》、自身、そしてそれをサーチする《巨大ネズミ》は地属性。レベル5のため《太陽龍インティ》、《月影龍クイラ》のシンクロ素材にもしやすい。

《アーカナイト・マジシャン》:《太陽の神官》と《THE トリッキー》が魔法使い族のため採用。エクストラの《カオス・ウィザード》はこのため。

《ハリケーン》:《リビングデッドの呼び声》と《リミット・リバース》で蘇生したモンスターが破壊以外(このデッキならほぼシンクロ素材)になったら場に残るのでコイツで回収せよ。

《ブラック・ホール》:自ら《太陽龍インティ》or《月影龍クイラ》を破壊せよ。ついでに相手モンスターも一緒に除去。

《簡易融合》:さまざまなシンクロ素材を確保。

《リミット・リバース》:《クリッター》、《赤蟻アスカトル》、《スーパイ》、《太陽の神官》、《ギガストーン・オメガ》と蘇生対象には困らない。それらをシンクロ素材に大活躍。また、上記の連中は守備表示にするとこのカードで自壊するが、それすらコンボへと繋がる恐怖。

《スキルドレイン》:《N・グラン・モール》のようなバウンス、《邪帝ガイウス》のような除外には黙ってもらう。
「《氷結界の龍 トリシューラ》の効果発動!フィールドの《月影龍クイラ》と、墓地の《太陽龍インティ》、そして手札から1枚を、除外する!」なんてされたら死にますから。

《デストラクト・ポーション》:《太陽龍インティ》、《月影龍クイラ》を破壊しつつ、ライフ回復。《簡易融合》に《スキルドレイン》でのコストでライフ減るし。

さぁ、《太陽龍インティ》と《月影龍クイラ》を自ら破壊しながら、さらにはその破壊カードを手札で腐らせ、相手をハメよう!

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

黒炎

Author:黒炎
デュエリストとして日々まったり過ごしてます!
ほかにはハルヒとかけいおん!とかポケモンです。
最近は生徒会の一存にも手ェ染めてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

遊戯王投票箱

訪問者カウンター

中野梓

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。