黒い咆哮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人の愛を繋ぐ《リミット・リバース》

某所の影響で俺もSSを書くことにしました!

テーマは遊アキでテーマは「両者のデッキに相性のいいカード」です。
シナジーネタは前にサワタさんとこでリクしたっけ…(シューティング・ソニック
「そろそろ、9時25分か…」

ここはネオドミノシティ。

「遊星!」

その声の主は不動遊星のチームメイト兼ガールフレンド・十六夜アキ(以下、アキ)であった。「明日の朝9時半、噴水前集合」という約束を持ちかけた本人でもある。

「ゴメン、待った?」
「いや、俺の方が早かった。集合時間の10分前にはここに居た」

遊星の行動の早さにアキは唖然。そのまま立ち尽くしていても無意味なので、「一緒にカードショップに行かない?」と提案する。返答は、

「そうだな」

と一発OK。買い足したいカードが何枚かあると思われる。20分ほど歩くと店に到着。決闘者カップルのカードショップデートだ。ありふれたノーマルカードからウルトラレアまで品揃えは抜群だ。
だが、問題はデッキに合うかどうか。どんなにレアなカードでも無用の長物であってはならない。故に、二人は黙々とお目当てのカードを探していた。

「どう、入れたくなるようなカード、見つけた?」
「ああ。《リミット・リバース》…これはいいカードだ」

《リミット・リバース》。自分の墓地から攻撃力1000以下のモンスターを攻撃表示で蘇らせる永続罠だ。上級モンスターをアドバンス召喚する際のリリースや、チューナー等シンクロ召喚の素材を集める際には低ステータスのモンスターが役に立つことが多い。対象モンスターを守備表示にすると破壊されるが、それこそリリースやシンクロ素材に使えばいいし、逆に《クリッター》や《カードガンナー》のような破壊されることを発動条件とするモンスターとも相性がいい。
それ故か、遊星はあることに気がついた。

「俺とアキ、二人のデッキに入る」
「え…?」

遊星の【シンクロン】のキーカード《クイック・シンクロン》の攻撃力は700、アキの【植物族】のキーカード《ローンファイア・ブロッサム》は500と、丁度《リミット・リバース》に対応している。

「俺が修理の仕事で忙しかったり、アキがアカデミアに行っている間、このカードをデッキに入れていれば、それだけで二人は離れていても繋がっているのだと、教えてくれる気がする」
「遊星…!」

アキ、思わず赤面。嬉しいやら恥ずかしいやらでどんな顔をしたらいいかわからなくなってしまった。《リミット・リバース》の他にも《スーペルヴィス》、《アームズ・ホール》、《光の援軍》、《ライトロード・ハンター ライコウ》など、自身のデッキを強化するカードも何枚か買った。

店を出たらテストプレイのために他の客とデュエルしたり(強いシナジーを持ったカードを入れているだけ二人の圧勝続き)、団子を食べたりする等して二人は1日を満喫した。

気がつけばもう空は赤い。そろそろ解散の時間だ。

「遊星のおかげで、今まで以上に強く成れた気がする…ありがとう、遊星」
「俺もだ。タッグデュエルをする時が来たら、真っ先にお前に声をかけたくなった」

アキ、本日2度目の赤面。
彼女の去り際に、「大好き!」の一言を聞いた遊星は、かつてサテライトを統一した時以上に満足したようだ。

終わり。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

黒炎

Author:黒炎
デュエリストとして日々まったり過ごしてます!
ほかにはハルヒとかけいおん!とかポケモンです。
最近は生徒会の一存にも手ェ染めてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

遊戯王投票箱

訪問者カウンター

中野梓

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。