黒い咆哮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい悲鳴

止まらない妄想より生まれた遊アキ3作目!
毎度毎度、結構本気です。
OCGのデッキレシピも、当然全て本気の賜物だがな!

ちなみに、時系列は「プラシド暴走でWRGP中断」を意識してます。

2月25日:後書き追加。
WRGP出場・優勝のため、働いて資金を稼ぐ(一応スポンサーにボルガー&カンパニー社がいるが、社長が融資を求めるほどの赤字経営)チーム・5D’sのリーダーである遊星。
自身の機械の腕を生かし、修理屋を営んでいる。現在はイリアステルが三皇帝・プラシドと彼の引き連れたロボット軍団「ディアブロ」の暴走により、WRGPは開店休業中。暴走に巻き込まれた者達には失礼だが、仕事に打ち込むにはある意味最適の時期だ。

「次の仕事先は…デュエルアカデミア・ネオドミノ校?」

デュエルアカデミア。それは「決闘者を養成する学園」。チーム5D’sのメンバーである龍亞と龍可が小等部、アキが高等部に計3名が通っているため、遊星にとって、他人事ではない。教職員から「ウイルスにやられた可能性がある」という連絡が入り、向かっていた。
D・ホイールを飛ばして5分程で仕事先に到着した。

「仕事の依頼を受けてここに来ました」

顧問の先生や部長以下部員達の顔が晴れやかになった。1人、また1人と、手を解いていたため、神頼み状態だったようだ。LANケーブルが抜かれている辺り、自分達でも足掻いたらしいが、その後の手が浮かばず、手詰まりだったようだ。

「思い当たる節は?」

ウイルスにやられた箇所を探す前にそれを聞いた瞬間、1人の男性教諭が「年齢制限のかかるサイトを閲覧した」と自供。男性教諭のコンピュータのハードディスクには大量の「霊使い」シリーズのイラストが。どうやらダウンロードの際にやられたらしい。他の教職員のコンピュータに被害はほぼ無く、あった分をあっさり修理し終えたため、そのままガレージに帰るはずだった。

「はずだった」とつく理由は高等部にあった。

なんと、アキとその親衛隊を相手に絡んでいる男子生徒がいた。「悪い男はお姉様に近づかせません」だの「どうでもいいから戦わせろ」だの騒がしい。「アキが関係している以上は他人事では済まされない」そう思った遊星は騒ぎの中に切り込み、男子生徒とデュエルをすることになった。

開始から8ターンあまりが経過すると、戦況は遊星からすればとても好ましくない。

「《ドラグニティアームズ‐ヴァジュランダ》の効果を発動!このカードの装備カード1枚を墓地に送ることで、このカードの攻撃力は発動ターンのエンドフェイズまで2倍となる!《ドラグニティ‐アキュリス》を墓地へ送る!」

どうやらかなりのやり手のようだ。《ドラグニティナイト‐ヴァジュランダ》の効果は先程男子生徒が説明した攻撃力の倍増効果と「このカードがシンクロ召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下の”ドラグニティ”モンスターを装備する効果」がある。
また、《ドラグニティ‐アキュリス》は装備カード扱いで墓地に送られると、フィールド上のカードを破壊する効果が発動する。よって、《ドラグニティナイト‐ヴァジュランダ》の攻撃力は1900の倍の3800となる。

「だが《スターダスト・ドラゴン》の効果を発動する!このカードをリリースしてカードの破壊効果を無効にする!ヴィクテム・サンクチュアリ!」
「だがモンスターが消えた!殺れ、《ドラグニティナイト‐ヴァジュランダ》よ!」

遊星の残りのライフは1400、倍増した《ドラグニティナイト‐ヴァジュランダ》の攻撃を受けたらライフが0となり、敗北するが、手札の《速攻のかかし》の効果で凌ぎきった。手札のこのカードを捨てることで、相手の直接攻撃を無効にし、バトルフェイズを終わらせてしまうという効果だ。

「しぶといぜ、流石は不動遊星だ…。ターンエンド」

《ドラグニティ‐アキュリス》の効果を防ぐため効果を発動した《スターダスト・ドラゴン》がエンドフェイズに復活する。

「俺のターン!魔法カード《ミラクルシンクロフュージョン》を発動!自分のフィールド上・墓地から融合素材となるモンスターを除外し、シンクロモンスターを融合素材とする融合モンスターを、融合召喚する!」

融合素材フィールド上から《スターダスト・ドラゴン》を、墓地から《ジャンク・ウォリアー》の2体を除外すると、2体は水色の渦へと巻き込まれ、渦の中から蒼き鎧と翼の騎士が現れた。

「現れろ、《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》!」

「《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》で《ドラグニティナイト‐ヴァジュランダ》を攻撃!スパイラル・ジャベリン!」

《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》の放った大槍が《ドラグニティナイト‐ヴァジュランダ》を貫き、1800(《神の宣告》のようなライフを払って発動するカードを使ったか、余裕名態度の割にライフが恐ろしく減っている)のライフを削りきり、遊星が勝利した。今度こそ帰って次の仕事の準備にでも取り掛かろう、と思ったら今度は

「もしかして、お姉様の王子様ですか!?」
「素敵なデュエルでした!」

大絶賛。アキからは「もしかして、私のこと、守ろうとしてこのデュエルを受けたの?」と聞かれ「まぁな。看過していい状態じゃなかったから余計にな」と返し、

「ありがとう」

の言葉を貰い、頬に口付けを貰った。
そのおかげか、次の仕事も元気にこなせたそうな。

終わり

後書き:遊戯王だし、バトル要素を入れたかった。とりあえず、スマン。【ドラグニティ】。
様付けという漫画版要素はちょっとした遊び心。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

黒炎

Author:黒炎
デュエリストとして日々まったり過ごしてます!
ほかにはハルヒとかけいおん!とかポケモンです。
最近は生徒会の一存にも手ェ染めてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

遊戯王投票箱

訪問者カウンター

中野梓

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。